セブ島WiFi 旅の準備

フィリピン セブ島旅行にいつも使っているスマートフォンも一緒に持って行って
使えたら旅ももっと楽しくなりますよ。
ここで、セブ島でスマートフォンを使うためのWiFi無料スポットにWiFiレンタル情報に
そのたセブ島事前情報を載せていますのでご活用下さい。

    セブ島でスマートフォンを使う方法

  • 携帯各社の海外パケットし放題プランを利用
  • 無料WiFiスポットを活用
  • 海外旅行者用のレンタルWiFiを利用

このページの内容

  1. セブ島無料WIFIスポット
  2. セブ島携帯各社のパケ放題プランとWiFiレンタル各社の料金比較
  3. WiFiレンタル各社の料金プラン
  4. 旅行の事前情報
  5. セブ島の週間天気予報

セブ島の無料WiFiスポット

セブ島のWIFI事情は、近年アメリカの外資系コールセンターがセブ島に多数進出していることもあり、フィリピン国内でも特に急速に進化しつつあります。

無料WIFIスポットも、セブ空港ターミナルやスターバックス、タリーズコーヒーなどのカフェから、ミスタードーナツ、マクドナルド、ジョリビー等のチェーン店のカフェやファーストフード、 アヤラセンターやSMシティ・セブなどの大型ショッピングモール、セブシティ・スポーツクラブなどでもWIFIスポットを用意しています。
特にショッピングモールでは無料WIFIスポットがあり、旅行客がスマートフォンを見ている姿をみることも。

また高級ホテルだけでなく一泊2000ペソクラスの比較的安価なホテルでもWIFIポイントを設置しているところが増え、ロビーや部屋でインターネットが出来るようになっています。ホテルのスタッフもITの知識に長けてる人が多くなったので、片言の英語でもすぐにパスワードや手続き、設定のやり方を教えてくれます。

国際的にも注目されつつあるセブ島のWIFI環境から目を話すことが出来ません。

セブ島 海外パケットし放題とレンタルWIFIの料金比較

セブ島 海外パケホーダイ WiFiレンタル各社 料金比較

セブ島 海外パケホーダイ WiFiレンタル各社 料金比較 2012年7月

セブ島 WiFiレンタル会社 比較

グローバルデーター
グローバルデーター

宣伝部長がイモトアヤコ
お急ぎの方は他社より申込期限が短い!

利用例 6日間のご利用の場合(空港受渡)
レンタル料  ¥0
定額通信料  ¥4,080(¥680×6日)
受渡手数料  ¥525
合計     ¥4,605

情報は古くなっている場合もありますのでサービス提供会社の公式サイトで最終確認を必ず行なって下さい。

グローバルWIFi
グローバルWi-Fi

25万社10万人の利用者!
宅配便受取で空港返却がお得です

利用例 6日間のご利用の場合(宅配受取空港返却)
レンタル料  ¥0
定額通信料  ¥4,020円(¥670×6日)
受渡手数料  ¥525
受取料金   ¥0
返却料金   ¥525
合計     ¥5,070

情報は古くなっている場合もありますのでサービス提供会社の公式サイトで最終確認を必ず行なって下さい。

テレコムスクエア
テレコムスクエア

一台三役のWi-Ho!端末 携帯電話としてスマホとしてWiFiルーターとして使えます!

利用例 6日間のご利用の場合(空港受渡)
レンタル料  ¥0
定額通信料  ¥6,000(¥1200×6日)
受渡手数料  ¥0
受取料金   ¥0
返却料金   ¥0
合計     ¥7,200

情報は古くなっている場合もありますのでサービス提供会社の公式サイトで最終確認を必ず行なって下さい。

セブ島旅行の事前情報

気候と天気と服装

天気:
セブ島はいわゆる熱帯雨林気候に属し、日本の四季の代わりに雨季と乾季の2つの季節があります。
雨期は一般的に7月から10月ですが晴天が続くことも多いです。ただし10月から12月には台風などで雨が続くこともあります。
乾期は1月から6月で、1~2月が最も過ごしやすい時期と言えます。

    服装

  •  1月~3月、11月~12月 基本的には夏服で十分ですが、乾期に当たり朝晩は冷えるので寝間着はある程度厚めの物を。
  •  4月~10月 基本的には夏服で十分ですが、冷房対策に薄手の上着を持って行くとイイでしょう。

セブ島の通貨と物価(物価はマクドナルドのビックマック指数)

  • 通貨:単位はフィリピン・ペソで、略号は 数字の前に「P」。補助通貨はセンタボ(¢)。P1=100¢。2011年7月現在、1ペソ≒1.83円。
  • 物価:2012年現在、セブ島でのビッグマックの価格は118.00フィリピンペソ(約218円)。
    セブ島の物価は、生活費必要な日常品、食品、バス運賃などは日本に比べて圧倒的に安いといえます。
    逆にぜいたく品、趣味やレジャーに属するものは高いことがわかります。車の費用やガソリン代も日本と余り変わらなかったりします。
    また輸入品などは日本より高いこともあります。

セブ島の電圧とコンセント

  • コンセント:セブ島のコンセントは日本と同じ縦2本のAタイプと丸ピンと丸3本穴のB3タイプと丸2本穴のCタイプが一般的です。
  • 電圧:電圧は110Vと220V の二種類があり、周波数は60Hzです。ホテルによって使えるところもありますが、ほとんどの場合日本の電化製品を使うには変換プラグか変圧器が必要になります。

セブ島の週間天気予報

このページの先頭へ