台湾WiFiと旅行の準備

台湾旅行を控えた皆さんも色々と情報収集をされていることでしょう。
台湾でお手持ちのスマートフォンを使う方法から海外WiFiレンタルの台湾プランの紹介
そして、気になるお天気と物価に電源コンセントタイプを紹介します。

    スマートフォンを台湾で使う方法

  • 携帯各社の海外パケットし放題プランを利用
  • 無料WiFiスポットを活用
  • 海外旅行者用のレンタルWiFiを利用

台湾無料WiFiスポット

台湾のWIFIスポットは日本に比べて充実しています。

それは民間のネット業者が提供する「WIFLY」と、台北市が提供する「Taipei Free」が台湾中のWIFIスポットを謁見しているからです。
特に「Taipei Free」はネットか松山空港で申請すればMRTの各駅のほか、図書館、病院、市政府ビル、行政センターで無料WIFIスポットを利用することが出来ます。

一方「WIFLY」は、MRTの駅構内、セブンイレブン、スターバックス、モスバーガー、伯朗珈琲、バーガーキング、ロイヤルホスト等で。
また、繁華街である台北駅付近、西門町、東区、公館などのエリアでも広域でWIFIスポットが利用できます。

ですが、こちらはプリペイドが少額(1日券100元と1月券500元)ですが必要になってきます。
しかし「台北網路市民」になることで、ログイン後30分「WIFLY」を無料で使うことが出来るので事前に申し込んでおくといいでしょう。

台湾での海外パケットし放題とレンタルWIFIの料金比較

台湾WiFiレンタル各社料金比較表

台湾WiFiレンタル各社料金比較表 2012年7月現在

台湾旅行 WiFiレンタル会社 比較

グローバルデーター
グローバルデーター

宣伝部長がイモトアヤコ
お急ぎの方は他社より申込期限が短い!

利用例 5日間のご利用の場合(空港受渡)
レンタル料  ¥0
定額通信料  ¥3,400円(¥680×5日)
受渡手数料  ¥525
合計     ¥3,925

通信料 定額通信料 680円/日 端末レンタル料無料
受渡手数料
全てのお申込み1件につき
525円
受渡料 空港 受取時 0円
返却時 0円
受渡料 宅配 受取時 0円
返却時 実費負担
受取カウンターのある空港 成田空港 第1ターミナル
成田空港 第2ターミナル
羽田空港国際線ターミナル
関西国際空港
中部国際空港
申込期限 宅配受取 ご出発日2日前の17:00まで
申込期限 空港受取 成田空港・羽田空港国際線ターミナル
—–申込日が平日の場合、ご出発日前日の17:00まで
—–お申込日が土日祝日の場合、ご出発日2日前の15:00まで

情報は古くなっている場合もありますのでサービス提供会社の公式サイトで最終確認を必ず行なって下さい。

グローバルWIFi
グローバルWi-Fi

台北松山国際空港での受渡可!
台北市内ホテル宅配可!

利用例 5日間のご利用の場合(宅配受取空港返却)
レンタル料  ¥0
定額通信料  ¥3,350円(¥670×5日)
受渡手数料  ¥525
受取料金   ¥0
返却料金   ¥525
合計     ¥4,400

通信料 定額通信料 670円/日 端末レンタル料無料
受渡手数料
全てのお申込1件につき
受取時 525円
受渡料金 空港 受取時 525円
返却時 525円
受渡料 宅配 受取時 0円
返却時 実費負担
受取カウンターのある空港 成田空港 第1 (4F出発ロビー)
成田空港 第1 (1F到着ロビー)
成田空港 第2
羽田空港国際線ターミナル
関西国際空港
中部国際空港
申込期限 宅配受取 出発日3日前の15:00まで
離島の方は出発の4日前15時まで
申込期限 空港受取 成田空港・羽田空港国際線ターミナル
—–出発の2日前15:00まで
関西国際空港
中部国際空港
—–出発の3日前15時

情報は古くなっている場合もありますのでサービス提供会社の公式サイトで最終確認を必ず行なって下さい。

テレコムスクエア
テレコムスクエア

他社では受取手数料や受取返却に料金がかかりますが、テレコムスクエアでは一切ありません

利用例 5日間のご利用の場合(空港受渡)
レンタル料  ¥0
定額通信料  ¥3,800(¥760×5日)
受渡手数料  ¥0
受取料金   ¥0
返却料金   ¥0
合計     ¥3,800

通信料 定額通信料 3800円/日 端末レンタル料無料
受渡手数料 0円
受渡料金 空港 受取時 0円
返却時 0円
受渡料金 宅配 受取時 800円
返却時 実費負担
受取カウンターのある空港 成田空港 第1ターミナル
成田空港 第2ターミナル
羽田空港国際線ターミナル
関西国際空港
中部国際空港
福岡空港国際線ターミナル
申込期限 宅配受取 お受け取り希望日の2日前の15時まで
※地域によっては前日もあります。公式サイト参照下さい
申込期限 空港受取 受け取り希望日の前日15時まで(成田空港以外でのお受け取りは希望日の2日前15時まで)

情報は古くなっている場合もありますのでサービス提供会社の公式サイトで最終確認を必ず行なって下さい。

台湾旅行の事前情報

気候と天気と服装

台湾は長くて温暖気候帯性気候の北と熱帯性気候の南でちょっと気候が変わってきますが、暑い夏と短い冬が特徴で、一年を通じて南国らしい穏やかな気候です。
12月~2月頃の短い冬は天候が非常に変わりやすく,肌寒い日が続き雨もたくさん降りますので雨具は必須と言えるでしょう。

    服装

  • 1月~2月、12月 冬の気候なので、薄手の長袖とできれば上着を一枚重ね着できるとイイでしょう。
  • 3月~10月 暑い日が続くので、夏服と、冷房対策に薄手の上着を持っておくとよいでしょう。

台湾の通貨と物価(物価はマクドナルドのビックマック指数)

  • 通貨:通貨単位は台湾元(ユェン)ともニュー台湾ドル(NT Dollar)とも表記されます。2012年7月現在1台湾ドル(1NTドル)=2.7円。
  • 物価:2012年現在、台湾でのビッグマックセットの価格は75元(約202円)。
    旅行をする分には日本に比べて安いといえますが、長期滞在する分には日本での金銭感覚でいると、出費がかさみがちでいるように感じます。
    そんな中でも公共交通機関やタクシーの乗り物系は非常に安いといわれています。
    食べ物は日本よりも高いくらいです。

台湾のコンセント

    台湾のコンセントは縦2本のAタイプが大勢を占めていますが、3穴式のBfタイプものもあります。
    電圧は110Vで、周波数は60Hzです。
    日本の電化製品を使うこともできますが、破損するケースもあるので利用に関しては説明書等を確認して下さい。
    念のため100V→120Vの変換器があると良いでしょう。

このページの先頭へ