香港WiFiと旅行の準備

香港旅行でスマートフォンが使えたらどんなに便利でしょうか。

現地での情報収集はもちろん、日本の友人や家族ともFacebookやTwitterにブログで写真なんかをアップロードして情報を共有できたら楽しいでしょうね。

さて、ここでは、香港の無料WiFi事情からお手軽なポケットWiFiルーターのレンタル比較に、香港旅行の事前に知っておくと役立つ基本的な情報を載せましたのでどうぞご参考にして下さい。

    スマートフォンを香港で使う方法

  • 携帯各社の海外パケットし放題プランを利用
  • 無料WiFiスポットを活用
  • 海外旅行者用のレンタルWiFiを利用

香港無料WiFiスポット

香港では日本以上にWIFIスポットが充実しており、探すのには苦労しないと言われています。

まず香港の玄関口の香港国際空港では、香港通信会社最大手かつWIFIの最大シェアを持っている「PCCW」の無料WIFIスポットがあるので、そこで環境セットアップや情報収集ができます。

主なWIFIスポットとしては地下鉄の駅、マクドナルド、スターバックスコーヒー、パシフィックコーヒー、街中に設置してあるPCCWの公衆電話、ショッピングモールなど様々な場所で利用可能ですが、1日利用可能な24時間パスHK$20.5がかかります。

またマクドナルドには「Y5ZONE」という無料WIFIスポットがあり、ブラウザを開けて手続きをすれば20分間使いたい放題が出来ます。

香港での海外パケットし放題とレンタルWIFIの料金比較

香港WIFIレンタル料金比較表

香港WIFIレンタル料金比較表 2012年7月現在

香港旅行 WiFiレンタル会社 比較

グローバルデーター
グローバルデーター

宣伝部長がイモトアヤコ
お急ぎの方は他社より申込期限が短い!

利用例 4日間のご利用の場合(空港受渡)
レンタル料  ¥0
定額通信料  ¥2,720円(¥680×4日)
受渡手数料  ¥525
合計     ¥3,245

通信料 定額通信料 680円/日 端末レンタル料無料
受渡手数料
全てのお申込み1件につき
525円
受渡料 空港 受取時 0円
返却時 0円
受渡料 宅配 受取時 0円
返却時 実費負担
受取カウンターのある空港 成田空港 第1ターミナル
成田空港 第2ターミナル
羽田空港国際線ターミナル
関西国際空港
中部国際空港
申込期限 宅配受取 ご出発日2日前の17:00まで
申込期限 空港受取 成田空港・羽田空港国際線ターミナル
—–申込日が平日の場合、ご出発日前日の17:00まで
—–お申込日が土日祝日の場合、ご出発日2日前の15:00まで

情報は古くなっている場合もありますのでサービス提供会社の公式サイトで最終確認を必ず行なって下さい。

グローバルWIFi
グローバルWi-Fi

25万社10万人の利用者!
宅配便受取で空港返却がお得です

利用例 4日間のご利用の場合(宅配受取空港返却)
レンタル料  ¥0
定額通信料  ¥2,680円(¥670×4日)
受渡手数料  ¥525
受取料金   ¥0
返却料金   ¥525
合計     ¥3,730

通信料 定額通信料 670円/日 端末レンタル料無料
受渡手数料
全てのお申込1件につき
受取時 525円
受渡料金 空港 受取時 525円
返却時 525円
受渡料 宅配 受取時 0円
返却時 実費負担
受取カウンターのある空港 成田空港 第1 (4F出発ロビー)
成田空港 第1 (1F到着ロビー)
成田空港 第2
羽田空港国際線ターミナル
関西国際空港
中部国際空港
申込期限 宅配受取 出発日3日前の15:00まで
離島の方は出発の4日前15時まで
申込期限 空港受取 成田空港・羽田空港国際線ターミナル
—–出発の2日前15:00まで
関西国際空港
中部国際空港
—–出発の3日前15時

情報は古くなっている場合もありますのでサービス提供会社の公式サイトで最終確認を必ず行なって下さい。

テレコムスクエア
テレコムスクエア

一台三役のWi-Ho!端末 携帯電話としてスマホとしてWiFiルーターとして使えます!

利用例 4日間のご利用の場合(空港受渡)
レンタル料  ¥0
定額通信料  ¥3,040(¥760×4日)
受渡手数料  ¥0
受取料金   ¥0
返却料金   ¥0
合計     ¥3,040

通信料 定額通信料 760円/日 端末レンタル料無料
受渡手数料 0円
受渡料金 空港 受取時 0円
返却時 0円
受渡料金 宅配 受取時 800円
返却時 実費負担
受取カウンターのある空港 成田空港 第1ターミナル
成田空港 第2ターミナル
羽田空港国際線ターミナル
関西国際空港
中部国際空港
福岡空港国際線ターミナル
申込期限 宅配受取 お受け取り希望日の2日前の15時まで
※地域によっては前日もあります。公式サイト参照下さい
申込期限 空港受取 受け取り希望日の前日15時まで(成田空港以外でのお受け取りは希望日の2日前15時まで)

情報は古くなっている場合もありますのでサービス提供会社の公式サイトで最終確認を必ず行なって下さい。

香港旅行の事前情報

気候と天気と服装

天気:

香港は緯度的にはハワイなどに近い亜熱帯に属していて高温多湿ですが、四季がはっきりとしている特徴があります。

冬場は15℃~20℃程度で、時々10℃を下回ることもありますが雪は降りません。

春や秋は日本よりも気温が高く、気候も不安定です。夏場は30℃越えも珍しくなく、かなり蒸し暑いです。

    服装

  • 1月~3月 冬だが気温が割と高めなので、コートよりも冬物のジャケットのほうがよいでしょう。
  • 3月~4月 天候が不安定な時期なのでシャツのほかに、脱ぎ捨ての軽い上着があると便利。
  • 5月~10月 基本夏服のほか、冷房用に薄手の上着を準備するとよいでしょう。
  • 11月~12月 長袖の上にジャケットかベストなど重ね着が出来るものを用意するとよいでしょう。

香港の通貨と物価(物価はマクドナルドのビックマック指数)

  • 通貨:通貨単位は香港ドルとセントで、記号はHK$と¢です。2012年7月現在、1香港ドル=100セント=約11円。
  • 物価:2012年現在、香港でのビッグマックセットの価格は20香港ドル(約220円)。
    世界主要都市の物価ランキングをみると物価が高そうなイメージのある香港ですが、日本と比べるとまだまだ安いと言えます、特にタクシーやバスの交通機関、ローカルフードの食事の場では安さを感じるでしょう。
    良い物はより高く、安いものはより安くというのが特徴的です。

香港の電圧とコンセント

  • コンセント:香港のコンセントは日本と同じ縦2本のAタイプのほか、横三穴のBFタイプまたは丸形蜜穴のB2タイプの3種類が大勢を占めています。
  • 電圧:電圧は220Vで、周波数は50Hzです。日本の電化製品を使うには変換プラグか変圧器が必要になります。

このページの先頭へ